« コンビニ日記-17 | トップページ | エアーズ・ミルク »

医龍-12巻

ようやく新刊発売となったの久々の記事作成です。

医龍 12―Team Medical Dragon (12) Book 医龍 12―Team Medical Dragon (12)

著者:乃木坂 太郎,永井 明
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

   作品全体ランク:A

多少ネタバレ注意です。

あらすじらしきもの

「朝田」をERに欲しい「鬼頭」は、選挙戦に勝つべく日本人でありながらUCLAの教授にまで登りつめた「国立笙一郎(くにたちしょういちろう)」を呼び寄せます。医療大国アメリカにおいて実力を認められた国立が日本に帰ってきた目的は「加藤」と同じく日本の医療を改革するため、息子にそんな自分の姿を見せるためでした。

一方、野口の後継者としてやってきた「霧島軍司」はもちまえの能力で着々と勢力を伸ばしていきます。さらには自分を呼び寄せた野口にも・・・

2人の対立候補が支持を獲得していくのを感じ、焦りはじめる加藤にさらなる追い討ちがかかります。国立が朝田をUCLAに紹介するからアメリカへ行けと促すのです。天才ゆえ周りが自分についてこないもどかしさを感じる朝田の返事ははたして・・・

部屋主の感想

この巻は選挙戦がメインで、朝田のスーパーヒーロー的な手術シーンは少なめで爽快な感じは薄いですが、それはそれで面白いです。大人の汚いドロドロとしたかけひきとかたまらないですね。

自らの信念をもって日本にやってきた国立はカッコいいですし(訳アリそうな息子の存在も気になりますし)、相変わらず腹黒い野口は素敵だし、霧島も悪役キャラとして一皮剥けたようでいい感じです(まだまだ腹に一物も二物も隠してそうなあたりいいですしね)。

でもって、この巻の見所はやはり朝田がアメリカへ誘われることでしょう。朝田の天才ゆえの葛藤、そして天才朝田と接してきたバチスタチームの面々のそれぞれの反応が実に面白いです。

この巻の部屋主がグッときた台詞

俺は凡人だ。お前と朝田が気づかせてくれた。礼を言う」by霧島軍司

医局員の心を掴んでいく霧島に、ミキが探りをいれようとしたときの台詞です。プライドの高い霧島が自らの負けを認めるのはさぞ辛かったと思います。それを乗り越え、さらに信念らしきものを獲得してるあたり素敵です。自らの弱さを自覚してる人間は好きですし、何より強いでしょう。悪役ながらカッコいいです。この後に続く彼の加藤とは真逆の思想も面白いです。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« コンビニ日記-17 | トップページ | エアーズ・ミルク »

コメント

この漫画を読んだ事がない十一月うさぎです、こんばんは。
以前、木曜の夜10時からテレビドラマ放映していましたよね。
毎回欠かさず、見てました。
興味魅かれるドラマでしたので、原作の漫画も読んでみたいなぁと思っています。

>大人の汚いドロドロとしたかけひきとかたまらないですね。

・・そうなんですね。
私も、そういうドロドロとしたかけひき内容に興味があります。
(デス・ノートのかけひきも好きだから)
12巻も出ているのですね。
ブックオフで探してみますね(笑)

そういえば、当時、同時間帯の裏番組、裁判のドラマ(タイトル忘れたけど、ビッグコミックに連載されていた漫画)も録画して見てましたけど、これも良かったですよ。
たま~に、立ち読みしています。

投稿: 十一月うさぎ | 2006年10月 1日 (日) 19時53分

ああ、新しいのが出ている!
マンガ喫茶に誰かつれていってはくれないかしら・・・

わたくしも、医龍は好きなマンガの一つですわ。
朝田先生のかっこよさ
どろどろとした院内関係
駆け引きに告ぐ駆け引きの教授選
みきちゃんのおっぱい

よみたいー

投稿: ojousama | 2006年10月 1日 (日) 20時34分

こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。

静かな展開ながら、人物描写の深さで
読ませる回でしたね。

私も今回のエピソードの霧島の
カッコよさにはしびれました。

「相手を人だと思うなら、名前ぐらい覚えておけ」とか、名セリフも連発でしたし。

国立という強力な候補が登場した後に
霧島の真の恐ろしさを見せつける
演出も巧みだと思いましたよ。

投稿: トミー | 2006年10月 1日 (日) 20時43分

>>十一月うさぎさん
TVドラマ版もまずまずでしたが、
やはり原作漫画の方がかなり面白いと思いますよ^^
是非とも原作漫画をお楽しみください。
>裏番組
弁護士のクズのことですかね。
こちらはまだ2巻くらいですから購入しやすいかと。
読んでませんが(:^ー^A

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月 1日 (日) 21時54分

>お嬢様さん
つい先日発売となりました♪
好きな点はだいたい同じですが
私はミキのおっぱいではなく加藤の脚に惹かれます^^

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月 1日 (日) 21時57分

>トミーさん
やはりこの巻は霧島のカッコ良さが光りますよね^^
その台詞は私もお気に入りです♪
国立はこの後の展開に期待ですね。

投稿: シン@部屋主 | 2006年10月 1日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80175/3648993

この記事へのトラックバック一覧です: 医龍-12巻:

» 嵐の前の静けさ 「医龍」12巻 [トミーのエンタメ日記]
「医龍」12巻を読みました。 医龍 12―Team Medical Dragon (12) 著者:乃木坂 太郎,永井 明販売元:小学館Amazon.co.jpで詳細を確認する 今回は選挙戦メインの展開で、手術シーンは少なめ。 朝田が今回唯一... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 20時44分

« コンビニ日記-17 | トップページ | エアーズ・ミルク »