« コンビニ日記-14 | トップページ | マロン&マロン »

思わず買ってしまうマインドコントロールマーケティング!

先日紹介した「カルトになれ!」がいつもの紹介してる本よりも反響があったので、本日もマインドコントロール(今回は心理操作)と商売についての本を紹介したいと思います。

思わず買ってしまう…マインドコントロール マーケティング! TVショッピングの仕掛け人が明かす9つの心理操作テクニック Book 思わず買ってしまう…マインドコントロール マーケティング! TVショッピングの仕掛け人が明かす9つの心理操作テクニック

著者:星野 卓也
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:C

内容紹介のようなもの

商品がヒットする裏で使われている、思わず買ってしまう消費者心理の操作技術について解説してある本です。文字が少なく、各章にはそれぞれまとめが、巻末には全体のまとめがついています。

Chapter1「『行動』のコントロール」では、いつもそこにそれがあることの「安心感」と「信頼感」の演出、安心していられるコミュニティの構築、明確な始まりを作らずいきなり定番として売り出す利点、流行や定番は作り出されていること、といったことが書かれています。

Chapter2「『思想』のコントロール」では、言葉の描写力によるリアルさの演出の利点、俯瞰と機能、客観的に見せることの重要性、といったことが書かれています。

Chapter3「『感情』のコントロール」では、わずかな心の揺れを大きく揺れたと感じさせる「メリットを記号的に重ねる方法」や「デメリットでふり幅を広げる方法」、といったことが書かれています。

Chapter4「『情報』のコントロール」では、視覚的な世界観を構築して価格を納得させること、魅力的な情報で取り囲むことの利点、文字情報を拾わせその断片から受け手の脳内に世界観を構築(錯覚)させること、といったことが書かれています。

Chapter5「『時間』のコントロール」では、正攻法をわかった上で違う視点を持つこと、時間の緩急をつけた商品説明の利点、時間を限定することに操作、要素の配列の重要性、といったことが書かれています。

部屋主の感想

とりあえずこのへんは得意分野なので「カルトになれ!」と同じく、あまり目新しいものはなく、少々ものたりなさを感じます。レベル的にもマインドコントロールというほどのテクニックではなく、せいぜい錯覚レベルですしね(まぁ錯覚も操作といえばそうなのですが)。

ただ、ちゃんんと理論立てて説明しているし、わかりやすくまとまっていてるので、浅く広くこの手の知識を仕入れたいと思っている人にはちょうどいいかと思います。

テクニック的には、商売だけでなく、色んな場面に応用できるものなので、知らない人は巻末のまとめだけでも読んでおくと、今後有効になる場面もあるかと思います。

でもって、今までの自分の消費行動などを振り返って、自分がどのように操作されてきたかに想いを馳せてみることをオススメします

それにしても、このフォレスト出版の人心操作系の本はいまいち物足りないことが多いですね(ただいま4分の3で期待外れです)。けっこう胡散臭い箇所も多いですし(これはマシ)。

それでも、何かしら新しいテクニックがないかとつい買ってしまうのですよね。そういう意味で、部屋主は完全にいいカモということでしょう。うまく操作されていますね(自覚の有無がポイントであると考えています)。

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

最近両方とも順位が下がり気味で少々凹んでおります。

部屋主コメント時は、忘れない限りはポチッと応援してますので

うちの方もポチっと押してもらえるとても嬉しいですm(_ _)m

われながら姑息な手段ですね(:^ー^A

この人間としての器の小ささが上にいけない要因でしょうか(-盆-;)

|

« コンビニ日記-14 | トップページ | マロン&マロン »

コメント

僕が思わず買ってしまうのは
「期間限定」「初回限定」「10個+1個いり」みたいなフレーズに弱いです
特に「限定」って付くとどうしても欲しくなってしまう罠

投稿: アゴル | 2006年9月10日 (日) 20時45分

>アゴル君
まったくもって私も同じフレーズに弱いです><
個人的には「初回限定」に異常に弱いですね。
あと限定パックとかにも(-盆-;)

投稿: シン@部屋主 | 2006年9月10日 (日) 23時45分

こんにちは♪

貧乏学生ゆえ、最近は何にも買ってないんですよねぇ(苦笑)食料品を買う時は「○%増量中」に弱いですね。時間がない時はグラム毎の計算をせずに買ってしまいます(汗)

完璧に主夫ですね(--;
友人にもこのネタでいじられます(笑)

投稿: シタン先生 | 2006年9月11日 (月) 14時16分

>シタン先生さん
私は超貧乏プータローなので、
同じく増量には弱いです(´∀`;)
グラム計算はしっかりしますが☆
完全に節約主夫ですよ(^д^)
だれか養ってくれる方募集中なのです♪

投稿: シン@部屋主 | 2006年9月11日 (月) 17時56分

おじゃまです。
私は、余り消費しないんで、世の中の活性には、
全然お役に立ってません。(本だけは例外ですよ~・・・)
シンさんのように、使う人が居ないと、国も破綻しちゃいます。
それに、よく使う人には、
結構、お金って回ってくるもんです。私の周りを見てても、
つくづくそう思いますよ。
それに、金は天下のまわりものって言いますから・・・^-^

投稿: たまの猫 | 2006年9月13日 (水) 16時56分

>たまの猫さん
私も本とお菓子くらいしかお金使ってませんよ(^^;
いくら使っても回ってこないということは
つまり使ってないってことですし><
なんにせよ、無意識的な操作にひっかからないよう
私たち庶民は常に哲学するとを忘れずにいたいものです。

投稿: シン@部屋主 | 2006年9月13日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンビニ日記-14 | トップページ | マロン&マロン »