« バニラモナカ | トップページ | アイボリー カフェラテ »

TVじゃ絶対放送できない「食」の裏話

本屋でたまたま目についたので、はじめに「食の真実が放送されない」を読んでみました。すると、テレビ業界のタブー「スポンサー」と「風評被害」という「放送の壁」について言及していたので購入しました。

テレビじゃ絶対放送できない「食」の裏話 Book テレビじゃ絶対放送できない「食」の裏話

著者:垣田 達哉
販売元:リヨン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

部屋主の独断ランク:B

内容紹介のようなもの

TVでは「スポンサー」や「風評被害」のために放送することが難しい、食に関する裏話を豊富な資料と図表、細かい注を用いて解説してあります。

01「変異型ヤコブ病(ヒトBSE)」では、欧米人よりも日本人はヒトBSEに2倍かかりやすいこと、国内の感染者が見逃されている可能性があること、特定危険部位は1㎎でも食べれば危険であること、潜伏期間は数年から20数年、原因である異常プリオンは800℃以上でないと分解しないため焼いても煮ても無意味であること、こういう内容の話は視聴者に恐怖を与えるということで番組はなどでは放送されなくなってきていること、などが書かれています。

02「BSE(狂牛病)」では、アメリカ産牛肉の輸入再開とアメリカの検査体制の不備に対する言及、カナダ産牛肉にもアメリカ産と同じような危険があること、あやしい肉は加工品か外食用にまわされ消費者は産地を選べないこと(表示義務がないのでわからない)、TVでは変異型ヤコブ病の犠牲者について報道しないこと、などについて書かれています。

03「新型インフルエンザ」では、インフルエンザについての基礎的な説明、鳥インフルエンザとの関係風評被害を恐れて危機管理の情報を流さないマスコミ、鳥インフルエンザの影響で生卵の輸入がはじまったこと、などについて書かれています。

04「合成肉・加工肉」では、合成された肉はO-157の危険が増すこと、TVでは本当に危険な話はカットされること、などについて書かれています。

05「メチル水銀」では、マグロにメチル水銀が含まれていること、マグロは視聴率が取れるので危険性が放送されないこと、日本以外のほとんどの国のメチル水銀摂取量の基準は日本より厳しいこと魚介系の危険性の調査はかなりいいかげんであること、

06「ダイオキシン」では、アナゴやマグロのトロ部分にはダイオキシンが含まれていること、所沢のほうれん草事件以来風評被害を恐れて報道できなくなっていること、などについて書かれています。

07「農薬」では、普通の野菜の栽培では何十回も農薬が散布されていること、ブランド農産物やコメも農薬が多いこと、農薬を使わないと収穫率がかなり減少すること、農薬散布回数の基準にはからくりがあること、地産地消にもあやしい点が多いこと、などについて書かれています。

08「硝酸塩」では、野菜に硝酸塩が多く含まれていること(特に葉物野菜)、硝酸塩は水も汚染していること、などについて書かれています(硝酸塩は、発がん性物質を生成するおそれがあるとされています)。

09「カドミウム」では、カドミウムのよる土壌の汚染について、コメにカドミウムが含まれていること、行政の都合で基準値を上げることができないこと、などについて書かれています(カドミウムはイタイイタイ病の原因とされいる物質です)。

10「アクリルアミド」では、ポテトチップスやおこげにアクリルアミドが多く含まれていること、、などについて書かれています(アクリルアミドは、発がん性物質です)。

11「大豆イソフラボン」では、大豆イソフラボンには発がん性物質である可能性があること、妊娠中の女性や子供は摂取しない方がいいこと、有効性と安全性ははっきりしていないということ、視聴者よりもスポンサー重視のTV報道への批判、などについて書かれています。

部屋主の感想

とりあえず、後ろの章ほど内容が短くなってますが、手を抜いたわけではなく、実際のページ数が少ないからそうなってます(後半は何μgとか細かい摂取量についての言及が多く、それに紙面を取られてたりも)。

それはさておき、内容についての感想ですが、部屋主が期待していたようなガチガチのメディア批判本ではなく基本的に食品の安全性や危険性についての事実や著者の主張を述べ、それを「放送の壁」のために放送することのできない(しない)マスコミに対して憤りを感じているというスタンスかと部屋主は感じました。

また、「あれは食べるな!」と強く主張する感じではなく、日本の基準は甘いことや、報道されないのであまり知られてないが行政側は危険という情報を流しているといったようなことを提示して、あの食品を食べるとこんな危険やデメリットがありますがあなたはどうしますか?といった問いかけをしてるようにも感じました

細かい感想としましては、ヒトBSEについては、よくTVで取り上げられていたので、著者と同じようにアメリカの検査体制についてかなり憤りを感じていたのですが、日本人が欧米人よりもヒトBSEにかかりやすいということや、ヤコブ病には色んな型があり感染者が見逃されてるかもというのは初めて知りました。

とりあえず部屋主は、日本を舐めた検査体制でのアメリカ産牛肉の輸入には大反対ですが、外交的には仕方ないかとも思っていたりです。消費者側が選択すれば問題ないからです。

けれど加工肉や外食産業にも表示義務がいらないという逃げ道がいっぱい・・・これだと選びたくても選べない・・・行政側は何をやってるんでしょうか。もっと国民が行政に迫らねばと思います。

ダイオキシンに関しては「環境問題のウソ」で、そんなに毒性はないのでといったような指摘もあったりします。

あと、農薬や硝酸塩については多少知っていましたが、マグロのメチル水銀の含有量や、部屋主の好物であるポテトチップスや大豆製品も危険がいっぱいということにはかなり驚きました

ポテトチップスは体に悪いのを覚悟で食べてましたが、大豆イソフラボンは体にいいと思い込んでたので、けっこう摂取するようにしてたのですが、効能が実はよくわかってない上、摂りすぎると危険だったのでかなり凹みました。

はぁ、明日からなに食べよ・・・

人気blogランキングへ←ポチっと応援お願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ←こちらもポチっと応援お願いしますm(_ _)m

|

« バニラモナカ | トップページ | アイボリー カフェラテ »

コメント

こんばんは、十一月うさぎです。
大豆イソフラボンの話は初耳でした。
スポンサーの関係や、視聴者の不安を煽らない報道という事で、テレビ報道には、以前から疑心暗鬼でした。
ニュースは、やはりNHKが一番ですね。
視聴すると、民放と比較すると、冷静に的確に報道してますよね。
民放は、アナウンサー達が自分の意見を喋りすぎて…的を得ているのなら、ともかく、時々的外れな発言をされると、泣きたくなります。
マグロの水銀問題は、かなり以前から話題に上がって、マグロのお刺身が怖くて食べられなくなりました。
他のお刺身を食べてます(笑)
ポテトチップスは、あまり食べないなぁ。
だって、揚げ油の古さが、食べると すごくわかるもの。

投稿: 十一月うさぎ | 2006年8月30日 (水) 20時00分

>>十一月うさぎさん
NHKの民営化の話がありますが、このような放送の壁の都合上やはり公共放送は必要だと私は考えています。
(もちろん今の腐ったNHKの体質改善は必須です)
>民法のアナウンサーのしゃべりすぎ
私もまったくもって同意見です。
的外れな意見もそうですが、個人的には偽善的な言葉にいつも憤りを感じております。
マグロを知ってるとはさすがです^^
揚げ油の古さに言及できるとは素晴らしい舌を
お持ちのようでうらやましいです(^д^)

投稿: シン@部屋主 | 2006年8月30日 (水) 21時11分

シンさん、ブログにコメントありがとうございました。シンさんのような書評の書き方もちょっとまねしてみようかなと思いますが、何せ読み方が雑なもんですから(笑)。これからもよろしくお願いします。

投稿: VIVA | 2006年8月31日 (木) 12時44分

>VIVAさん
こちらこそコメントありがとです。
私は逆にVIVAさんのような書評の書き方を
学びたいと思っていたりです^^
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

投稿: シン@部屋主 | 2006年8月31日 (木) 17時45分

このような本は興味あって読んだりするし読みたいとも思うのですが…読んだあとのなんともいえない気持ち…
一時大ブレイクした「買ってはいけない」もそうでしたが…結果的に「どーしよーもない」とか「じゃぁどうやって生活すればいいのよ!?」って思って今まであまり変わらない生活をおくる自分…
このような本は政府のおえらいさんの方々が読んで制作やちゃんとした決まりなどをつくってほしいものです

投稿: ASUKA | 2006年8月31日 (木) 22時06分

>ASUKAさん
一応この本では行政側が大丈夫と決めてる1日の上限摂取量や、その食品をどれだけ食べればその量になるかなど、細かく書いてあるので、対策を立てられるような構成となっております。
政府はこういうことを知った上で、自らの利益のために黙っていることが多いという最低な機関ですから、自分たちが賢くならねばといったところでしょうか。

投稿: シン@部屋主 | 2006年9月 1日 (金) 00時08分

おじゃまです。
気になりだしたらきりがないですね。
すべて安全ってなると、
自分で畑を耕し、魚を安全な肥料で養殖して、
動物系は何を食べてる分らないので、この際やめて、
鶏ぐらいにしておいて・・・なんて、気が遠くなりそう
根性なしの貧乏人一家のうちは、
ある程度、危険な事を承知で食べなきゃ生きていけませんよ。
とりあえず、中国産の野菜とアメリカ産の牛肉だけは、
避けるようにしてますけど・・・
まぁそのぐらいが精一杯の抵抗です・・・^-^;

投稿: たまの猫 | 2006年9月 1日 (金) 19時01分

>>たまの猫さん
気になりだしたら何も食べられなくなりますが、知ってた上で食べるのと、知らないで食べるのとは、だいぶ違うと私は思っております。
そういう意味でこの本はためになるかと。
>中国産の野菜とアメリカ産牛肉
選べるならいいのですが、
表示義務がないのは選べませんからねぇ><

投稿: シン@部屋主 | 2006年9月 1日 (金) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TVじゃ絶対放送できない「食」の裏話:

» カドミウム被害 イタイイタイ病 [RoHS指令をやさしく解説]
イタイイタイ病について語っています。EU環境問題の対策サイトです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 16時09分

» 水銀の毒性とその中毒症状について [RoHS指令をやさしく解説]
水銀の毒性とその中毒症状について語っています。EU環境問題の対策サイトです。 [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 20時47分

» カドミウム中毒とその毒性 [RoHS指令をやさしく解説]
カドミウム中毒とは、イタイイタイ病が一番クローズアップされる病です。症状としては、①高血圧、②骨軟化症、③肝臓障害などが主です。原因は、カドミウムイオンが酸素内の物質と相互作用し、酸素の働きが阻害される事で引き起こされるようです。カドミウム毒性に対し...... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 21時26分

« バニラモナカ | トップページ | アイボリー カフェラテ »